praxisworks PF30の取り付け方

 

〇スリーブに薄くグリスを塗っておきます。(1:00~)
〇BBに塗っているのは焼付け防止材です。(1:17~)
〇スリーブを装着した状態で、ノンドライブ側の圧入(2:00~)をします。Oリングがつぶれないギリギリ触れるところまで圧入します。
〇ドライブ側(2:45~)は、ノンドライブ側を一緒に回らないように抑え、ドライブ側を締めていきます。PF30規格フレームの幅 にちょうど合うよう作られているので、締めれなくなるところまで締めます。両側別々の圧入式と違って、締めすぎが物理的に不可能な構造になってます。
〇取り付けが完了しました。ドライブ側に隙間がなければOKです。(3:20)
〇防水用シールのベアリング側にたっぷりとグリスを塗ります。防水性を高めるのが主な理由です。(3:30)
〇ここからはBBの外し方です。(4:07~)ノンドライブ側をたたき出す方法です。(工具が引っかかる所が内側にあります。)

関連記事

  1. IRONMAN MALAYSIA レースレポート(戸原開人選手)

  2. FAR and NEARブラケットカバーの取付・取外し

  3. 宮古島トライアスロン新型タービン使用感想

  4. バイクにも、ウェアにも簡単に貼ることができる、リフレクターが大人気です。

  5. Praxisworksインプレッション(小室雅成)

  6. 第35回全日本トライアスロン宮古島大会 レースレポート(戸原開人選手)