CORIMAホイールレポート④ 第82回 全日本自転車競技選手権大会ロードレース

 

日時:2013年6月23日(日)08:05 スタート
天候:霧雨
クラス:エリート女子
エントリー数:32人
距離:90km(15km×6周)
場所:大分県民の森 平成森林公園周辺特設ロードレースコース
主催:公益財団法人日本自転車競技連盟

機材
フレーム :FELT f1
ホイール:CORIMA エアロ・プラスMCC
コンポーネント:SHIMANO DURA-ACE 9070 Di2タイヤ : Panaracer RACE A(後輪) Panaracer RACE A Evo2(前輪)ペダル : SHIMANO DURA-ACE PD-7900レースウェア :Fmaシューズ  : SPECIALIZED Women’s S-Works Road Shoesサドル : SPECIALIZED Oura RBX Expert Gelアイウェア : OGK KABUTO PRIMATOヘルメット : OGK KABUTO REDIMOSケミカル : WAKO’S CHAINLUBドリンク : POWER PRODUCTION

2013年の全日本選手権は、平坦がない大分県民の森周辺の山岳周回コース、1周15kmを6周走る90kmで行われた。個々の力がそのまま出るシンプルなコース設定。レース2日前に現地入りし,今回はコーチも帯同してくれ心強かった。雨と霧がひどかったので、2日前の足の疲労度と落車のリスクを考え、その日はローラー1時間程度に足を回し移動の浮腫をとった。プラス股関節周りと体幹のtrainingをし、後はmaintenanceとリカバリーにあてた。ここ一週間、肩甲骨周りと胸周辺の筋肉の張りがかなり酷く、ほぐしてもほぐしてもなかなか取りきれない状況が続いていた。呼吸もしづらく、なんとか取りきりたいとコーチにオーダー。レース前日は、レースまでの時間をできるだけあけたかったので、朝7時からの試走時間に一周だけ足に負荷をかける。逆回りになってからは初めてコースを走るので、下りのコーナーなどをチェックしながら走った。登りは誰もが言うようにキツイの一言。ちょっとした我慢で勝敗が変わってくるな、と感じた。
レース当日は雨。スタート2時間前に会場入りし、まずは股関節周りと体幹のtrainingをしアップ開始。汗をかいた状態でそのままいると冷えると思ったので、スタート前ギリギリまでローラーに乗った。ローラー前にグリコのワンセコンドHCAを摂取し身体を起こす。スタート前30~40分前には、エキストラ・オキシアップとBCAAを摂取。アップ途中にオイルを塗ってレースに備えた。
熊野を終了してから、体調を崩し練習できていない状態。でも、その中でしっかり準備ができているからか、精神状態は落ち着いて、集中してスタートラインにたつことができた。 スタートして下り切るまでの約10キロは、ローリングスタート。他選手の機材トラブル等も有り、予定より少し遅れて正式スタートとなった。
正式スタート後、すぐに全体のスピードが上がり、すでに脚に全然力が入らない。どうにかして、体幹とペダリングを修正したいと思うが、全く体が言うことをきかない。もう、我慢もきかず先頭集団からは早々と離脱。ここからはもう常に全力で踏むしかなかった。先頭から10分で足切。とにかく必死にペダルを踏むが、次から次と後ろから選手に抜かれ、2周で降ろされDNF。
レースでDNFは初めてで、降ろされた後走って頑張っている選手のアナウンスを聞いて、大分まで何をしに来たのだろうと自分にがっかりした。でも、レース後しっかりと今回の結果を受け止め、コーチと何がいけなかったか、どうすればよかったのか、これから何をすべきなのかを話し合い、不思議と気持ちを切り替えることができ、次に向けて頑張っていこうと思え、絶対に勝ってやるんだと、改めて自分に気合を入れ会場を後にしました。
スポンサーの方や、サポーターの方には、最低の走りと結果しか報告ができず申し訳ない気持ちでいっぱいですが、必ず結果を残して良い報告をしますので、信じて待っていただけたらと思います。これからも、針谷千紗子をよろしくお願い致します。

針谷千紗子

関連記事

  1. UCIトラックワールドカップ第2戦 カナダ・ミルトン大会(新村 穣選手)

  2. 2009 インターバイクショー 展示品

  3. 東京ヴェントス2017年シーズンレース報告

  4. Turn Zayanteが海外雑誌で高評価をいただきました

  5. ブエルタ・ア・エスパーニャでフルームがTURBINE&O’SYMETRICを使用!!

  6. 東日本大震災への寄付としてポ‐ラーボトル120個を頂きました