宮古島トライアスロン新型タービン使用感想

 


今回の宮古島トライアスロンは、強風のためスイムの代わりに第1ラン6.5kmのデュアスロンに変更になりました。
一昨年もデュアスロンになった時にこの第1ランで遅れてしまい、レースの流れを逃してしまい苦しんだことを思い出します。今年はせめてメイン集団が見える位置で、バイクに移りたいと考え、本来バイクから装着予定だったタービンをスタート前から装着することに。おかげで第1ランは3’40ペースと、自分にとってはなかなかのハイペースにも関わらず、息が乱れることなく楽に走れ、スムーズにバイクに移ることができました。
バイク中では呼吸が楽な分集中してペースを保つ事ができ、なにより補給食を食べている時は、どうしても口が塞がれてしまい息が乱れてしまいますが、タービンを使っているとその苦しさもかなり和らげてくれます。
最後のランは後半ギリギリの所でプッシュしたので、かなりきつかったです。こういう時はたいていゴール後に咳き込んだりして肺が苦しくなるのですが、タービンを使ったのではそれもかなり抑えられます。鼻で呼吸が補助できるぶん肺への負担が減っているのでしょう。
今回は総合15位。年代で1位という成績でした。これも呼吸に気を取られる事なく、自分の走りに集中できた結果だと思います。

石橋健志

関連記事

  1. クリス・フルームと昼食会

  2. 2016ストロングマン(宮古島トライアスロン大会)参加者に緊急案内!

  3. フルームがタービンを使っています

  4. 兼松大和選手がTURBINEを使用しています!

  5. 全日本自転車競技選手権大会ロードレース/タイムトライアルレースレポート(新村 穣選手)

  6. ブエルタ・ア・エスパーニャでフルームがTURBINE&O’SYMETRICを使用!!