CORIMAホイールレポート⑦ 第2回 JBCF 女子ロードチャンピオンシップ

 

レース名:第2回 JBCF 女子ロードチャンピオンシップ
日時:2013年9月22日(日)7:15 スタート
天候:晴れクラス:Fクラス
エントリー数:25人
距離:60km(6km×10周)
場所:群馬サイクルスポーツセンター:6kmサーキットコース(反時計回り)
主催:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟(JBCF), 公益財団法人 日本自転車競技連盟(JCF)

機材
フレーム :FELT f1
ホイール:CORIMAエアロ・プラスMCC
コンポーネント:SHIMANO DURA-ACE 9070 Di2タイヤ : Panaracer RACE Aペダル : SHIMANO DURA-ACE PD-7900レースウェア :Fmaシューズ  : SPECIALIZED Women’s S-Works Road Shoesサドル : SPECIALIZED Oura RBX Expert Gelアイウェア : OGK KABUTO PRIMATOヘルメット : OGK KABUTO REDIMOSケミカル : WAKO’S CHAINLUBドリンク : POWER PRODUCTION

群馬で行われた全日本実業団ロードに出場してきました。
女子の実業団レースの中では、60kmと長い距離設定です。
体調自体は、直前に血液検査で貧血気味で、肝機能の数値があまり良くなく、その部分での不安はあったが、前日の走ったフィーリングは悪くなかった。

普段から早起きしているので、4時の起床でも苦ではなかった。普段通りしっかり食事を摂り。1時間半前に会場入り。着いてすぐに出走サイン等やる事を済ませて、アップを開始する。股関節周り、体幹が動くようにし、コースを1周してからスタート15分前までローラーで入念に調整。スタート40分前に、グリコさんのサプリメント、BCAAとエキストラオキシアップを摂取。スタートオイルをしっかりと塗り準備完了。
7時15分、肌寒い中をスタート。やはり全日本ロード2位の金子さんの動きにみんな集中していました。1周目の登りから金子さんが動き、ハイペースで登っていきます。
最終的に7人に絞られ、集団の中の2人はほぼ付き位置で、5人ローテでレースは進んで行きます。
中盤の登りで5人になることもあったが、登りきってからの下りで追いつくという形が繰り返され最終周回も7人で通過。最終の心臓破りの登りで金子さんが先頭で走るが、上りの途中で自分から勝負にでると決めていたのでアタック。そこには、西選手が反応し2人になるが、やはり登りきって集団に追いつかれてしまう。
下ってからは、全員牽制に入り、ブレーキしなければいけなくなるまでスピードは落ち込んだ。
毎回、スプリントで負けている自分とって、同じことの繰り返しだと何も得るものはないし・・・と考え、ロングスプリントを選択。500m手前から全力でもがいていったが、ストレートライン前であっけなく追いつかれてしまい、そこからは、もうダッシュする力はなく5位でゴール。

でも、前回の修善寺のレースよりも明らかに身体の状態は良かった。
レース前の調整が上手くいったのと、これまでコツコツとtrainingしてきた歯車が1個噛み合ったのかなと思いました。全然まだまだ全部の歯車を…とは程遠いかもしれないけど、今シーズン1番走っていて苦しい中でも動けてると感じれたレースでした。
画面上に残せたリザルトは5位と不甲斐ないし、表彰台に上がれなかったことに関してはやっぱり悔しくて残念です・・

でも、ここ最近、ずっと思うような成績も残せないし、レースを走っていても中々言うことを聞いてくれない身体。正直気持ちも落ち込んでいた。
今回は体がホンの少し言うことを聞いてくれた。ほんの薄い壁ですが乗り越えられた気がしました。
だから、コツコツとブレイクスルーが来るのを待ってtrainingしていかなくてはいけないと、気持ちもプラスになったレースでした!
本当に塵も積もれば山となる。

今回もたくさんの声援ありがとうございました。
次は来週のいわきクリテリウムです。
そして、来月の10日から中国で行われる東アジア大会に行ってきます。10月2日はその結団式で東京。
帰ってすぐにジャパンカップ。
と忙しくなりますが、頑張っていきます!!

関連記事

  1. CeramicSpeedベアリングアップグレード

  2. 洗浄機を使用したWAX-ONチェーンワックスの塗付方法(ビデオ)

  3. TURBINEスターターパック特価キャンペーン

  4. 《重要なお知らせ》シンテースF99ステムのリコール対象範囲について

  5. 2011 ユーロバイク 展示品

  6. Far&Near チャリティ―バザー 終了のお知らせ