チェーンリングキット110PCD カンパ

  • 52T

  • 38T

 

ペダリングにおいて、トルクのかけやすい部分と、上死点、下死点といった、デッドスポット(トルクの伝わらない部分)があることを理解した上で、回転効率を考えるならば、最大のトルクを出せる部分が最大ギアであれば、最も良い結果が期待できることは容易に想像できます。
楕円リングはそのような考えから生まれたチェーンリングであり、その中でオーシーメトリックの楕円はさらに進化させた形と言えます。

通常の楕円リングは、最大ギアから最小ギアに移り変わる際、徐々にそのギア数が変化していきますが、オーシーメトリックは、最大ギアから最小ギアに2~3枚の歯で素早く移るように設計してあります。これはデッドスポットを出来るだけ無くすようにした工夫であり、デッドスポットが少ない=効率的、であると言え、他の楕円リングよりデッドスポットが少ない分、さらに効率的になったと言えます。

世界のトッププロの使用率は高い。
どちらかというとTT向きのチェーンリングに思われがちですが、ウィギンス、フルームなどはロードでもTTでもどちらでも使用しており、実際ロードバイクでの使用率は90%もあります。そして何よりもこのギアを使用して、何度も世界の頂点に立っていることが、このチェーンリングの素晴らしさを物語っています。

新しいチェーンリングは、次の点を改良しています
①変速性能の向上のために、歯が削られている。
②変速性能の向上のために、変速ピンが備わった。
③厚みが増すことによって剛性が高まり、チェーン落ち等の不安定さが改善された。

新しいオーシーメトリックは、以前とは明らかに進化しています。

歯数ラインアップ:52/38、50/38
カラー:黒
チェーンキャッチャー付属

35,200円 (税別価格 32,000円)

関連記事

  1. CT-2 ULTEGRA 6700 / 6750

  2. Zライト 130PCD / 110PCD (7075)(10/11s)

  3. Light’in “Ca” スタンダードベアリングカートリッジ

  4. Z110 105-FC5800 (7075) 11s

  5. X-ウイング アクティブリンク

  6. Z104 / 64 (7075&steel) 4H

  7. CT-2 145/112PCD カンパ 11s

  8. CT-2 ULTEGRA 6800

  9. ギア・リペアーキット 11/23用

カタログ